お役立ちコラム

catch-img

子供のペットロスへの向き合い方。気持ちの整理をつけるには。


目次[非表示]

  1. 1.気づいてあげたい、子供のペットロス
  2. 2.ペットロスになった子供への正しい接し方
    1. 2.1.有効なケア
    2. 2.2.ペットへの想い
    3. 2.3.子供の心に寄り添う
  3. 3.子供とともにペットへの想いを整理する

気づいてあげたい、子供のペットロス

子供にとってペットは大切な家族の一員であり、兄弟であり、喧嘩相手であり、時には親のように愛情を注いでくれる存在でもあります。

大切なペットを亡くした時、子供は子供なりの感性で物事を受け止め、乗り越えてゆくものです。大人のように物事を順序立てて理解できない子供には時間がかかることもありますが、気持ちを理解し、寄り添ってあげましょう。

ペットロスになった子供への正しい接し方

有効なケア

子供のペットロスは泣いているから悲しみが深い、泣かないから立ち直ったと単純に言えるとは限りません。

子供は深い悲しみに覆われています。子供に立ち直りを促すことはできませんが、少しでも気持ちが軽くなるように、「ペットの今」について語り合う時間を作ってあげましょう。

「天国」へ行ったペットがどう過ごしているのか?どんな場所にいるのか?など子供と同じ目線に立ち、様々な想像を膨らませてあげましょう。言葉にすることで徐々に気持ちの整理がつきやすくなるからです。

ペットへの想い

まるでまだペットが生きているかのような話をしたり、ペットとの出来事を楽しそうに語ることがあります。また別の時は、深い悲しみや喪失感から泣いてしまうこともあります。どのような感情であっても、子供の想いを制限したり、指摘する必要はありません。子供なりのペースで気持ちの整理をつけるために必要な階段なのだと理解し、うなずいてあげましょう。

子供の心に寄り添う

ペットの死を改めて言葉に変え、子供に認識させる必要はありません。子供なりに周りの大人の言葉や時間の力を借りて乗り越えてゆくからです。このような想いを経験することで将来、他人の想いに共感をしたり、優しい言葉をかけることの出来る心がはぐくまれてゆくものです。

子供とともにペットへの想いを整理する

ペットが旅立った時、子供にどう接すべきか悩むでしょう。そのような時は、大切なペットを「見送る」という場面を作ることでお互いに気持ちの整理がつきやすくなります。

ジョイフルエーケーの「PET WORLD」では様々なペットの「お見送り」のお手伝いをさせていただきます。

訪問ペット葬儀

たくさんのステキな思い出を作ってくれたぺットたちが安らかに眠れるように飼い主として最後の役目をつとめてあげて下さい。当社では、移動火葬車両による訪問ぺット火葬を執り行っております。