お役立ちコラム

catch-img

愛犬とのお風呂ライフ! 入浴のポイント解説

愛犬を洗う頻度は半月から2カ月に1度がめどです。それよりも多いと、疲弊させてしまう可能性があります。また、シャンプーやドライヤーは犬用を使わないと、皮膚トラブルを招きかねません。水を掛ける際は、「頭から遠いところから」「耳の穴に水を入れない」といったことにも気を付けるようにしましょう。

記事を見る


catch-img

大掃除の落とし穴!? こんなところも掃除して! 見落としやすい場所を紹介

年末が近づくと、大掃除が気になり始めますよね。毎日住んでいる家だけに、もはや見慣れてしまって、軽めの掃除で済ませたり、全くしなかったりする部分もありがちです。そういった代表がカーテン周りやテレビのリモコンでしょう。この時期に多い来客の目は容赦してくれません。きっちりときれいにしておきたいところです。

記事を見る

catch-img

DIYを始めたい人が最初にそろえるべき道具

DIYに必要な工具は最初に一気にそろえてしまうよりは、まずは自分が作ろうとしているもののシミュレーションをしてみましょう。そうすれば、本当に必要なものが見えてくるはずです。また、「一度使ってみたい」といった場合は、格安の料金で利用できるホームセンターのレンタル工具もひとつの方法です。

記事を見る

catch-img

DIYの大定番!オリジナルの「イス」のススメ

イスは自分の体や好みにあったものが必要で、こういったものこそDIYの出番です。こったものにさえしなければ、意外と簡単にでき、初心者にも取り組みやすいでしょう。また、近年のホームセンターでは工作室や加工サービスが充実しています。これらを利用すれば、工具類も意外に少なくて済みます。

記事を見る

catch-img

簡単で安全? 子どもと楽しむDIY!

DIYは想像力や思考力が必要とされるため、子どもの知育に役立ちます。完成した後に味わう達成感も子どもが意欲的な大人に育つのに一役買うはずです。まずは、段ボールや簀子(すのこ)など扱いやすい素材で作るようにしましょう。工具類は子ども用としてサイズの小さくて、安全性も高いものがたくさん商品化されています。

記事を見る

catch-img

冬の定番!湯たんぽの選び方と正しい使い方を紹介

一時影が薄くなっていた湯たんぽですが、経済的・空気を乾燥させない・家事などの心配がないなどのメリットが見直されて、人気が復活しています。また、現代の湯たんぽは 金属製・陶器製・プラスチック製などなど実に多彩になっています。それぞれの特徴を理解して、自分の使い方に合ったものを見つけるようにしましょう。

記事を見る

catch-img

羽毛布団を選ぶ際に知っておきたい豆知識!注意すべき表示は何?

羽毛布団の品質をチェックするには、「ダウン率」「羽毛の種類」のほかに、ふわふわ具合を示す「ダウンパワー」もあります。ただし、ダウンについてだけの検査でしかなく、合わせて使われていることの多いフェザーは除外されています。実際の購入には、これら3つでの総合的な判断が必要になるでしょう。

記事を見る

catch-img

毛布の洗濯って必要なの?毛布の手入れ方法を解説

毛布は体に直接使う人も多く、カビや悪臭があるようではダイレクトに安眠を妨害します。ダニもわきやすくアレルギー症状を引き起こしかねません。まずは、干したり、ブラッシングしたりしてお手入れするようにしましょう。また、素材によりますが、自宅で洗えるものも意外にたくさんあります。

記事を見る

catch-img

冬でも油断は大敵! 犬猫のノミ対策

かつては冬にはノミの活動や繁殖は止まっていました。しかし、暖房や室内飼いによってそうとも言い切れなくなっています。幸い、安全で強力な内服薬・外用薬なども開発されています。犬や猫のペットに、かゆみだけではなく感染症や寄生虫ももたらす大敵なので、これらも使って徹底的に退治しましょう。

記事を見る