お役立ちコラム

夏の寝苦しい夜に対処する。寝苦しさ解消のためにできること


目次[非表示]

  1. 1.熱帯夜の「寝苦しさ」にどう対処する?
  2. 2.睡眠の「質」にこだわって寝不足を解消する
  3. 3.睡眠環境を整えることで快適な睡眠を

熱帯夜の「寝苦しさ」にどう対処する?

夏になるにつれ寝苦しさを感じる日が増える、という方も多いことでしょう。寝苦しいと寝不足になってしまうなど身体を壊す危険もあります。疲れがとれず、頭がぼんやりとして仕事でミスをしてしまったり、日中眠くなってしまうなんてことも。集中力が低下するだけでなく、新陳代謝も低下し体調を崩しやすくなるというのも困りものです。かといって、クーラーを利かせ過ぎると身体を冷やし過ぎて夏バテの原因となってしまうため、頼り過ぎもNG。根本的な解決が望まれています。

睡眠の「質」にこだわって寝不足を解消する

人間には体温調節機能が備わっており、活発に活動する日中は高くなり夜に低くなるという一定のリズムで動いています。体温が下がり始めるタイミングで眠気が高まる仕組みになっていますが、何らかの原因で体温が下がりきらないと睡眠が浅くなってしまうのです。熱帯夜に寝苦しいのは、体温が上手く下がらないのも原因の1つ。睡眠時だけでなく、その前から調整が必要です。例えば、暑い日はシャワーで済ませがちですが、ゆっくり湯船に浸かり体温を上げると1時間ほどで下がり始めるので、寝付きがスムーズになります。また、涼しいリビングから暑い寝室へ移動することも体温が上がる原因となりかねません。

寝始めから3時間ほどが睡眠の質を左右する時間なので、就寝時間に合わせて温度25℃~26℃、湿度50%~60%となるよう調整しておきましょう。ですが、クーラーだけに頼るのではなく、寝具での工夫も効果的! 接触冷感素材のものはひんやりとした触り心地で熱を溜めない性質があり、体温の上昇を最小限に抑えます。


睡眠環境を整えることで快適な睡眠を

夏の夜の寝苦しさを解消することは、一日を快適に過ごすために欠かせません。ジョイフルエーケーは、一人でも多くの方のお悩みを解消するべく、接触冷感素材の寝具やクッション、ジェルマットなどを多数揃えています。そろそろ、寝苦しくなる季節も本番! 見て触れて、一番しっくりくるものをお選びください。



ジョイフルエーケーのねむり本舗のご案内

ジョイフルエーケーのねむり本舗では快適な睡眠のために。ぐっすり眠れる西川の快眠寝具を体感できます。ぜひお気軽にお越しくださいませ。

詳しくはこちら