お役立ちコラム

catch-img

こだわりを反映しよう!「カラーボックス」のDIY

どこでも使える、役に立つ「カラーボックス」をDIYで

お部屋や収納したいものに合わせて、1つでも積み上げても使えるカラーボックス。そのままでも収納家具として優秀ですが、近年ではカラーボックスのDIYも注目されています。自分好みにDIYすると、より使い道が広がります。DIY初心者の方でも挑戦しやすいので、ぜひ参考にしてみてください。

カラーボックスDIYの流れ


カラーボックスDIYでは、以下のようなものを作れます。


  • パタパタ扉付きカラーボックス
  • 収納付きテーブル
  • 収納付きベンチ
  • キッチンカウンター


他にもアイデア次第で、カラーボックスの使い道は無限大です!ここでは、上記すべてに共通するカラーボックスDIYの流れをご紹介します。

設計図を作る

実は「設計がカンタン」ということもカラーボックスDIYの魅力の一つです。棚などのDIYでは水平垂直に構造を作る必要があり、失敗しやすいポイントですが、カラーボックスなら完成後に積み上げていくだけでOKです。

スムーズにDIYを進めるために、設計図を作りましょう。設計図を作成するアプリやソフトもありますが、簡単なDIYなら手書きの設計図で十分。1人でDIYするならきっちりした設計図ではなくても、自分が見て分かればOKです。まずは全体像を描いて、寸法を入れます。これをもとにそれぞれの部品の図と寸法を書きます。

素材や作り方を検討する

DIYに使う素材や作り方を検討します。テーブルやベンチなど強度が必要なものは、分厚くて頑丈な素材を選びましょう。逆にそこまで強度を必要としないパタパタ扉などは、薄い板の方が加工しやすくおすすめです。作りたいものに適した素材を選びましょう。

材料を手に入れる・加工する

設計図に記載した寸法を満たす材料を揃えて、加工します。自分で加工するほか、ジョイフルエーケーでは購入した木材の加工サービスも行っています。木材をカットする際は刃の厚みにより誤差が出るので、少し余裕を持ったサイズの木材を選びましょう。きれいに組み立てるには、インパクトドライバーや電動ドリルがあると便利です。

塗装する

組み立てて完成でも良いですが、よりお気に入りの家具に仕上げるなら好きな色に塗装しましょう。木材を生かしたナチュラルなカラーや色鮮やかなカラーなど、ふつうのカラーボックスでも色を塗り替えるだけで一気に印象が変わります。きれいに塗るには、何度か上塗りを繰り返しましょう。

空間に合わせてこだわりのカラーボックスに


塗装にこだわることで、シックな印象にしたり、アンティーク風のカラーボックスにするといったことが可能です。「どこでも使える」からこそ、設計とデザインにこだわって、あなただけのお気に入りのカラーボックスにしてみませんか?

設計・材料の調達・加工といったすべての工程に役立つアイテムを、ジョイフルエーケーでは豊富に揃えております。ぜひご来店ください。

Youtube公式チャンネルで動画配信中!

アイデアDIYコンテスト作品大募集!

DIYであなたのアイデアを形にしよう!ジョイフルエーケーにある商品を使ったDIY作品を大募集します。あなたのアイデアあふれる作品をお待ちしております。

てづくりジョイフル2020秋 第6号

かんたんにDIYが楽しめるアイデアいっぱいのフリーマガジン!

てづくりジョイフル2020秋 第6号

かんたんにDIYが楽しめるアイデアいっぱいのフリーマガジン!