お役立ちコラム

catch-img

北海道で飼いやすい? 寒さに強い代表的な犬種紹介

お迎えにあたり、冬の寒さ対策が気になる・・・という方に

北海道にお住いの方が散歩が大好きなワンちゃんをお迎えする場合、「寒さにどれくらい強いのか」が気になるかもしれません。寒さに弱いワンちゃんだと、北海道の寒さが体調不良の原因になってしまうことも…。これからお迎えするなら「寒さに強い種類」を知っておき、判断材料の一つに入れてみてください。今回は、寒さに強い代表的な犬種をご紹介します。

寒さに強い犬種の特徴


体が大きい

中型〜大型の体が大きい犬は、寒さに強い傾向があります。体が小さいと体積に比べ表面積が大きいため、外気によって体温が奪われやすくなります。しかし体が大きい犬は体積に比べて表面積が小さいため、体温が奪われにくいです。


大型犬はもともと、牧羊犬や狩猟犬など人間の手伝いをしてきた歴史もあります。昔から外に出て寒さを耐え抜いてきたため、北海道の寒さにも対応できる犬種が多いです。

短い毛と長い毛が混在する「ダブルコート」

体を覆う被毛については、短い毛と長い毛が混在する「ダブルコート」だと寒さに強い傾向にあります。ダブルコートの犬は、1つの毛穴から「オーバーコート」と「アンダーコート」と呼ばれる2種類の毛が生えています。オーバーコートは硬い毛質の毛で、皮膚を保護する役割があります。アンダーコートは柔らかい毛質で、皮膚の保湿や体温保持の役割があります。アンダーコートの役割は主に防寒なので、気温が高い季節は不要になります。夏が近づくとアンダーコートは抜け落ち、寒くなってくると再び生えてきます。

寒い地域を原産とする犬

寒い地域を原産とする犬は、上記2つの特徴を満たす犬も多く、寒さに強いです。極寒で有名な地で生まれたシェットランドシープドッグやシベリアンハスキーのほか、日本で生まれた犬も、秋田犬や柴犬は比較的寒さに強いです。寒い国で生まれた犬は暑さには弱いことも多いので、北海道は過ごしやすい地域と言えます。


具体的には、以下のような犬種が寒さに強いです。

  • シベリアンハスキー
  • ゴールデンレトリーバー
  • 柴犬
  • 秋田犬
  • セントバーナード
  • サモエド

理想のペットライフに合わせて選ぼう


上記の特徴を満たす犬を選ぶのも良いですが、「いやいや、やっぱり小型犬が飼いたい!」という場合は、冬の散歩では寒さ対策が不可欠になります。セーターやダウン、撥水性のあるレインコートなどの防寒具を用意したり、比較的気温が高い時間帯に散歩したりして、ワンちゃんの体を守りましょう。理想のペットライフを過ごすなら、ジョイフルエーケー のPET WORLDに来店し、担当者に相談してみてください。

ペットワールド

かわいい仔犬や仔猫たちがお待ちしております。種類豊富なペット用品・ペットフードコーナーやトリミングルーム完備のペットサロンなど、ペットのことならお任せください。