SDGsへの取り組み

ジョイフルエーケーは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

ジョイフルエーケーは
持続可能な開発目標(SDGs)
を支援しています。

SDGsとは

SDGs:エスディージーズ(持続可能な開発目標:Sustainable Development Goals)とは、

2015年9月の国連サミットで採択されたもので、人と地球の未来のために2030年までに達成するために掲げた17の目標です。貧困や暴動、気候変動、環境劣化、繁栄、平和と公正など、私たちが直面するグローバルな諸課題の解決を目指します。

ジョイフルエーケーは、CSR(企業の社会的責任)として、ホームセンター事業にSDGsの考え方を組み込み、目標の達成に向けて貢献して参ります。

17の目標とジョイフルエーケーの取り組み

1.貧困をなくそう
あらゆる場所であらゆる形態の貧困に終止符を打つ
2.飢餓をゼロに
飢餓に終止符を打ち、食料の安定確保と栄養状態の改善を達成するとともに、持続可能な農業を推進する

  • 貧困層、弱者、社会的困窮者に対する寄付活動のため、店頭に募金箱を設置

3.すべての人に健康と福祉を
あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する

  • 店内禁煙の実施
  • 店舗敷地内の受動喫煙防止の取り組み
  • ヘルス&フイットネス商品による健康推進を提案
  • 高齢者向け商品による健康と福祉を提案

4.質の高い教育をみんなに
すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する

  • 職場体験会の実施による小売業・商品への理解促進
  • 従業員教育の機会均等によるスキルアップ制度

5.ジェンダー平等を実現しよう
ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る
8.働きがいも経済成長も
すべての人のための包摂的かつ持続可能な経済成長、雇用およびディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を推進する
10.人や国の不平等をなくそう
国内および国家間の不平等を是正する

  • 男女差、年齢差の区別ない雇用機会の確保
  • 女性管理職の比率増加への取り組み
  • 全国健康保険協会から健康事業所宣言の認定

6.安全な水とトイレを世界中に
すべての人々に水と衛生へのアクセスを確保する

  • オリジナル天然水商品の取り組み
  • 節水用品、生活排水の浄化用品による水と衛生改善への取り組み

7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに
すべての人々に手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する

13.気候変動に具体的な対策を
気候変動とその影響に立ち向かうため、緊急対策を取る

  • 全店舗LED照明の導入
  • 高断熱住宅促進のための断熱商材の提案
  • 省エネに配慮した職場環境へ改善(年中ノーネクタイ)

9.産業と技術革新の基盤をつくろう
レジリエントなインフラを整備し、持続可能な産業化を推進するとともに、イノベーションの拡大を図る
11.住み続けられるまちづくりを
都市を包摂的、安全、レジリエントかつ持続可能にする

  • 江別市と災害時協力協定の締結
  • 防災システム「BOSAI  POINT」サービス提供

12.つくる責任つかう責任
持続可能な消費と生産のパターンを確保する

  • 業務用冷凍食品の展開による食品ロス減少への取り組み
  • 蛍光管、電池回収BOX設置
  • 無料引き取りサービスの実施による不用品の回収
  • リユースの取り組み

14.海の豊かさを守ろう
海洋と海洋資源を保全し、持続可能な形で利用する

  • バイオマス配合レジ袋の導入準備
  • プラスチック製レジ袋の削減推進

15.陸の豊かさも守ろう
森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、ならびに生物多様性損失の阻止を図る

  • 敷地内緑化の維持及び清掃活動実施

16.平和と公正をすべての人に
公正、平和かつ包摂的な社会を推進する

  • コンプライアンス経営への取り組み強化

17.パートナーシップで目標を達成しよう
接続可能な開発に向けてグローバル・パートナーシップを活性化する

  • 店頭、HPにお客様からのご意見要望を受け付けるコーナーを設置、地域に根差した商品の開発を強化

SDGsとは

SDGs:エスディージーズ(持続可能な開発目標:Sustainable Development Goals)とは、

2015年9月の国連サミットで採択されたもので、人と地球の未来のために2030年までに達成するために掲げた17の目標です。貧困や暴動、気候変動、環境劣化、繁栄、平和と公正など、私たちが直面するグローバルな諸課題の解決を目指します。

ジョイフルエーケーは、CSR(企業の社会的責任)として、ホームセンター事業にSDGsの考え方を組み込み、目標の達成に向けて貢献して参ります。

17の目標とジョイフルエーケーの取り組み

1.貧困をなくそう
あらゆる場所であらゆる形態の貧困に終止符を打つ
2.飢餓をゼロに
飢餓に終止符を打ち、食料の安定確保と栄養状態の改善を達成するとともに、持続可能な農業を推進する

  • 貧困層、弱者、社会的困窮者に対する寄付活動のため、店頭に募金箱を設置

3.すべての人に健康と福祉を
あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する

  • 店内禁煙の実施
  • 店舗敷地内の受動喫煙防止の取り組み
  • ヘルス&フイットネス商品による健康維持を提案
  • 高齢者向け商品による健康と福祉を提案

4.質の高い教育をみんなに
すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する

  • 職場体験会の実施による小売業・商品への理解促進
  • 従業員教育の機会均等によるスキルアップ制度

5.ジェンダー平等を実現しよう
ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る

8.働きがいも経済成長も

すべての人のための包摂的かつ持続可能な経済成長、雇用およびディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を推進する
10.人や国の不平等をなくそう
国内および国家間の格差を是正する

  • 男女差、年齢差の区別ない雇用機会の確保
  • 女性管理職の比率増加への取り組み
  • 全国健康保険協会から健康事業所宣言の認定

6.安全な水とトイレを世界中に
すべての人に水と衛生へのアクセスを確保する

  • オリジナル天然水商品の取り組み
  • 節水用品、生活排水の浄化用品による水と衛生改善への取り組み

7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに
すべての人々に手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する
13.気候変動に具体的な対策を
気候変動とその影響に立ち向かうため、緊急対策を取る

  • 全店舗LED照明の導入
  • 高断熱住宅促進のための断熱商材の提案
  • 省エネに配慮した職場環境へ改善(年中ノーネクタイ)

9.産業と技術革新の基盤をつくろう
レジリエントなインフラを整備し、持続可能な産業化を推進するとともに、イノベーションの拡大を図る
11.住み続けられるまちづくりを
都市を包摂的、安全、レジリエントかつ持続可能にする

  • 江別市と災害時協力協定の締結
  • 防災システム「BOSAI  POINT」サービス提供

12.つくる責任つかう責任
持続可能な消費と生産のパターンを確保する

  • 業務用冷凍食品の展開による食品ロス減少への取り組み
  • 蛍光管、電池回収BOX設置
  • 無料引き取りサービスの実施による不用品の回収
  • リユースの取り組み

14.海の豊かさを守ろう
海洋と海洋資源を保全し、持続可能な形で利用する

  • バイオマス配合レジ袋の導入準備
  • プラスチック製レジ袋の削減推進

15.陸の豊かさも守ろう
森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、ならびに生物多様性損失の阻止を図る

  • 敷地内緑化の維持及び清掃活動実施

16.平和と公正をすべての人に
公正、平和かつ包摂的な社会を推進する

  • コンプライアンス経営への取り組み強化

17.パートナーシップで目標を達成しよう
接続可能な開発に向けてグローバル・パートナーシップを活性化する

  • 店頭、HPにお客様からのご意見要望を受け付けるコーナーを設置、地域に根差した商品の開発を強化