お役立ちコラム


「愛犬の「元気がない」と思ったら。老犬のために飼い主ができること」

考えたくはないけれどいつかは迎えなければならない「最後の時」。愛犬の様子から徐々にその時が近づいていることがわかるでしょう。最後を迎えた時、悲しみの中で見送りの段取りを進めるのは辛いことです。最後に心残りを残さない方法を知っておきましょう。

記事を見る


ペットの最期を思い出として残す?「最後の写真」をいつ撮るか

愛犬の最後の写真は「いつ」の姿を残す?最後の写真への考え方は家族によって様々です。元気な時の姿を、最後まで頑張った姿を・・・みんなはどう考えている?どう残している?旅立つ愛犬を前に、残された家族の思い出との向き合い方を考えておきましょう。

記事を見る


子供のペットロスへの向き合い方。気持ちの整理をつけるには。

遊び相手であり、兄弟であり、時には喧嘩もして・・・子供にとってペットは大切な家族だったはずです。大切なペットが旅立ってしまった時、落ち込み、涙を見せる子供にどう向き合うべきか?どう接するべきか?家族の心構えをアドヴァイスさせていただきます。

記事を見る

看取ったペットを埋葬したい、と考えた時に知っておいて欲しいこと

先立ってしまったペットの埋葬先は?家族と一緒?ペット霊園?考えるだけで悲しい気持ちがあふれます。ペットの埋葬には様々なしきたりがあり必ずしも家族の希望通りにならないこともあります。悲しみに直面した時のため、埋葬について考えておきましょう。

記事を見る

ペットと寄り添い眠る。同じお墓に入るための霊園選びの注意点

ずっとそばにいて欲しい、いてあげたいという願いをかなえるためにペットを受け入れてくれる霊園があります。でも家族だけで詳しく調べるのは辛いと感じることもあるでしょう。こんな時、家族に寄り添い相談に乗ってくれるペット霊園があるのでぜひご相談を。

記事を見る

ペットの訃報はどう書けばいい? お世話になったあの人に伝える言葉

ペットが亡くなった事を周りに伝えるべき?同じ想い出を共有し合うことで、つらい想いが軽くなることもあるでしょう。気持ちの整理がついた時、つけたい時、周りにどのような言葉で伝えるべきでしょうか。ペットの訃報にはペット好きならではの「言葉」があります。

記事を見る

ペットへの供養と感謝。「ペット位牌」の勧め

ペットが亡くなった時は悲しい気持ちを形に変えることで癒されることもあります。ペットのための位牌があることをご存知ですか?この製品はインテリアとして身近に置くことの出来るお洒落なデザインが豊富です。写真や名前を入れ、そばにおいてあげてください。

記事を見る