ジョイフルエーケーで働くクマ型ロボットのジョイフルくんは、

資材館の工作室で生まれた男の子。

好奇心旺盛に、旬な情報をお届けします。

ジョイフルエーケーで働くクマ型ロボットのジョイフルくんは、資材館の工作室で生まれた男の子。好奇心旺盛に、旬な情報をお届けします。

catch-img

ソロキャンプデビュー、しませんか

今、ソロキャンプがブームです。

1人なので思い立った時に出発できて、荷物も1人分ならコンパクト。

自分のペースで、自然の中で静かに過ごせるところが魅力です。

今シーズン、ソロキャンプデビューを考えているビギナーの方は、必要なグッズが一式揃うジョイフルのアウトドア用品コーナーへ、今すぐGO!



大曲店のアウトドア用品コーナーには、テントの実物がディスプレイされています。

「コロナ禍を受けて、昨年から、キャンプデビューする方が増えていますね」と売り場担当の佐藤さん。

テントの売れ筋は、BUNDOKの「ソロベースEX」

テントとターフがファスナーで接続でき、「メッシュのインナーカーテンは取り外し可能。空気孔付きで、暖房器具も使えるので便利です」


ソロキャンプの醍醐味といえば、やはり「焚き火」

冷え込む夜の防寒にもなり、静かに炎の揺らぎを見ているだけで不思議と癒やされます。

大ヒット中の焚き火台が「LOGOS the ピラミッドTAKIBI」

焚き火はもちろん、ダッチオーブンを置けるゴトク付きで調理にも使える、1台2役のスグレモノです。

別売りのオプションパーツで、用途に合わせてカスタム自在なのも魅力。

ほかに折り畳み式の「焚き火チェア」も各種揃うので、好みのものを探してください。

照明がない野外では、持ち運び可能なランタンが必要。

おすすめはローソクで有名なカメヤマの「オイルランタン」です。

燃料にパラフィンオイルを使用するので、ススが出ず、お手入れも簡単。

通常のオイルのほか、柑橘系の虫よけ成分を配合したタイプもあります。


調理器具も進化中。

武田コーポレーションの「メスティン」は、フッ素加工されているので焦げ付きにくいのが特徴です。

お米を炊く以外の用途として、「蒸し網」が付いているので、底に水を入れて網の上に野菜や点心などを置き、火にかけることで蒸し物調理もできます。

また、火から下ろした熱いダッチオーブンやメスティンを直接置ける、スチール製の「IRテーブル」も、あると断然便利です。

チタン製のカトラリー各種は、軽量で丈夫。

スプーン、フォークは、コンパクトに折り畳めるところがポイントです。

それぞれ持ち運びに便利な収納袋付きで、見た目もおしゃれです。

さらに、持ち手付きでステンレス製の「シュラカップ」も、ひとつあると活躍すること間違いなし。

キャンプでは直火での調理が多いので、比較的「熱に強い素材」のアイテムを選ぶように心がけると失敗が少ないでしょう。


キャンプシーズンの本番は夏休みだけど、その頃にはもう、人気のグッズは品薄になるんだって。

6月中に準備するのがおすすめだジョイ!


※この記事の商品情報は掲載日時点のものです。商品の仕様や価格、店舗の取扱い状況は変更になる場合がございます。予めご了承ください。

各店の店舗情報はこちら

LINEお友だち登録はこちら

最新チラシはこちら

キャンペーン・イベント情報はこちら

この記事がいいと思ったらシェア!

人気記事ランキング