ジョイフルエーケーで働くクマ型ロボットのジョイフルくんは、

資材館の工作室で生まれた男の子。

好奇心旺盛に、旬な情報をお届けします。

ジョイフルエーケーで働くクマ型ロボットのジョイフルくんは、資材館の工作室で生まれた男の子。好奇心旺盛に、旬な情報をお届けします。

catch-img

ガーデニングや洗車に便利!ホースリール

新緑の季節になり、ガーデニングシーズンがスタート。

車でのお出かけも多くなり、洗車の回数も増えそうです。

外で蛇口からホースで水を引く際に必要なのが、長さを調節できるホースリールです。

今回は大曲店で、ホースリールの種類や選び方などを聞きました。


大曲店の水道用品コーナーにずらりと並ぶ商品の中でも、今年のイチオシ新商品はスチール製ホースリール「リフトメタル」(タカギ)。

30mのリールに高さ50cmの脚が付いたタイプで、屈まず立ったまま手でハンドルを回して、ラクラク巻き取りができます。

蛇口アダプターも取り付け簡単な新構造。

蛇口に挿してレバーを回すだけでロックされるので、工具不要で、蛇口に傷がつきません。

「アダプターだけの単品でも販売し、かなり売れています」と、売り場担当の髙橋さん。

素材はグレーのスチール製で、「シーズン中ずっと庭に出しておいても、見た目がおしゃれ」と好評です。

ホースリールの長さは、10mの短いものから50mのロングタイプまで様々。

主流は20m・30mです。

購入前に、自分の家ではだいたい何mのものが必要か、蛇口から使用場所までの距離を調べておきましょう。

それでも迷った時には、水道用品売り場の床を見て。

1m~10mの長さの目安が貼ってあるので、参考にしてください。

また、ホースのみを買い替えたい場合にも、こちらで長さを測れます。

ホースリールの置き場所が屋外の場合は、ホースが露出したままだと劣化を早めてしまうため、「ケース付きタイプ」を選ぶのがベターです。

ガレージなど収納場所が限定される場合には、持ち運びしやすくてすっきり収まる、軽量のコンパクトタイプが便利

「ただし、ホースが細くなる分、水の勢いは多少弱く感じられるかも知れません。主な使用目的が洗車なら、ホースが太くシャワー部分の穴数が多いほうが、流量があって使いやすいと思うので、相談してください」と髙橋さん。

そのほか「ねじれにくいホース」「庭に調和するブラウン色」のものなど、商品は多彩に揃うので、用途に合わせて選びましょう。

先端の散水ノズルや蛇口アダプターなど、一部のパーツだけ取り替えたい人も、ぜひジョイフルへ。

その場合は、今使っている商品のメーカーや型番を控えて行くとスムーズです。

また、ガーデニングシーズンを終え、ホースリールを片付ける際には、パーツの中に水が残っていると冬に凍って故障につながることも。

きちんと乾燥させてから収納してください。

ホースリールの種類がこんなにあるなんて、知らなかったジョイ!


※この記事の商品情報は掲載日時点のものです。商品の仕様や価格、店舗の取扱い状況は変更になる場合がございます。予めご了承ください。

各店の店舗情報はこちら

LINEお友だち登録はこちら

最新チラシはこちら

キャンペーン・イベント情報はこちら

この記事がいいと思ったらシェア!

人気記事ランキング