ジョイフルエーケーで働くクマ型ロボットのジョイフルくんは、

資材館の工作室で生まれた男の子。

好奇心旺盛に、旬な情報をお届けします。

ジョイフルエーケーで働くクマ型ロボットのジョイフルくんは、資材館の工作室で生まれた男の子。好奇心旺盛に、旬な情報をお届けします。

catch-img

秋植え球根で春のお庭に花を咲かせよう

ガーデニングをスタートする季節は、春だと思っていませんか?

じつは、春に庭を彩る花の球根は、前年の秋のうちに植えて土の中で冬を越させることが大切。

今回はジョイフルくんが、大麻店で秋の球根の育て方を聞きました。


大麻店のグリーン売り場には、

【秋植え用チューリップの球根】

50種類以上も並んでいます。


色も形も様々で、一重咲きや八重咲き
花びらの先端が細かいギザギザになった
フリンジ咲きもあれば、
白&ピンク、赤&黄色など2色の品種も。


「球根を植えるなら秋。10月から雪が降る前までに植えて冬の寒さにあてないと、春になっても花芽は出てこないんです」

と、グリーンコーナーのスタッフ、葛西さんが教えてくれました。


春に販売される球根は、事前に「冷蔵処理」が施されたものなんだって。

知らなかったジョイ!


また、売り場には

【チューリップ球根詰め放題】

のコーナーも。


小型のバケツ型容器に、8球以上詰めればお買い得です。

自分の好きな色を選んで、ぜひチャレンジしてみてね。


ガーデニングを成功させるには

「好きな花、好きな色を選ぶ」

ことも大切だそう。


わからないことは、何でもスタッフに相談を!



球根を選んだら、
肥料が配合された土に穴掘り用の

【バルブプランター】土掘るくん】

でくぼみを作り、球根3個分くらいの深さに植えて土をかぶせるだけ。

チューリップなら間隔は5cmほど。


庭の土は表面を雪に覆われるので、まず凍ることはないそう。


「鉢に球根を植える時は、凍らないようにビニールのぷちぷち(緩衝材)で覆ってください。直にコンクリートには置かず、木の板などを敷くと良いですよ」

と葛西さん。



売り場には、秋に球根と寄せ植えするのに適した

【宿根草の苗】

もたくさん並んでいました。


最近人気が高いのは、ハーブエディブルフラワーといった、日々の料理にも使える品種。


食用のエディブルフラワーは、

花びらを製氷皿に入れて氷を作るとSNS映え

もバッチリです。


ほかにもパンジー

カラフルな鑑賞用トウガラシカプシカムなど、

カラフルな花もたくさん。


ガーデニングって秋も楽しめるんですね!



土いじりは自信がないし、
自宅にスペースもないという人には、
【ガラスの水耕栽培用フラワーベース】
がおすすめです。


これは、球根を入れておくと水だけで

ヒヤシンス、ムスカリ、多肉植物

などを育てられるスグレもの。


上皿が取り外せるようになっているので水替えも簡単、根を傷めないように工夫されているんだって。


もちろん切り花の花瓶としても使えるから、球根ビギナーにもぴったりです。


自分のライフスタイルに合わせて、花のある生活を楽しんでください。

この記事がいいと思ったらシェア!

ガーデンセンター

季節のお花や、苗、観葉植物、さらに園芸用品から資材など、ガーデニングに関する様々な商品を豊富に取り揃えております。

最新情報をチェック!

いち早く最新情報を受け取りたい方はこちらをチェック!SNSに登録して最新情報をゲット!

最新情報

ジョイフルエーケーの最新チラシ情報やキャンペーン&イベント情報はこちら!