お役立ちコラム

catch-img

冷房効果を最大限に活かす!エアコンの電気代を節約しよう

電気代の上昇の大きな原因となるエアコン代。

とはいえ猛暑が続く今年の夏は、健康のためにもエアコンの使用は欠かせません。

少ない電力でエアコンの効果を最大限に活かし、涼しく快適に過ごしたいもの。

そこで今回は、エアコンの電気代の節約術をご紹介します。

​​​​​​​

目次[非表示]

  1. 1.こまめなオンオフをしない
  2. 2.扇風機、サーキュレーターを併用する
  3. 3.フィルター掃除をする
  4. 4.エアコンを最大限に活かして節電しよう

こまめなオンオフをしない

「使わないときは電源を切って、節電を徹底しよう」と考える方は多いでしょう。

しかし、実はエアコンのこまめなオンオフは節電に逆効果。

エアコンは、設定温度になるまで室温を下げるまでの間が一番電力を消費します。

何度もオンオフして電力を消費するよりも、オンのままで室内の温度を一定に保った方が結果的に節電になります。

短時間の外出であれば、エアコンは消さずにつけっぱなしにするのがおすすめです。

扇風機、サーキュレーターを併用する

「エアコンをつけているのになかなか冷えない」というときは、扇風機、サーキュレーターを併用しましょう。

空気は、温かいと上に、冷たいと下にたまりやすい性質があります。

そのためエアコンで冷たい風を送っても、下に固まりやすく室内の温度全体が下がるまでに時間がかかってしまいます。

扇風機やサーキュレーターを併用することで、空気をかきまぜてエアコンの冷たい風をいち早く部屋全体に届けることができます。

エアコンの風向きは水平に設定し、扇風機は首降りをなるべく上に向けて回すのがポイントです。


フィルター掃除をする


エアコンのフィルターにほこりやゴミがたまって目詰まりしていると、エアコンの効率が悪くなり余計な電力を消費してしまいます。

環境省によると、2週間に1度エアコンのフィルター掃除を行うことで、冷房使用時で約4%、暖房使用時は約6%の節電につながるとされています。

フィルターにカビが繁殖するとアレルギー反応の原因になることもあるため、適切な頻度でフィルター掃除を行いましょう。

エアコンを最大限に活かして節電しよう

今回は、エアコンの電気代の節約術をご紹介しました。

エアコンの正しい使い方をマスターすることで、電気代の節約につながります。

節電のために暑さを無理に我慢せず、効果を最大限に活かしながら快適に過ごしましょう。

扇風機やサーキュレーターを買うなら、豊富に取り揃えているジョイフルエーケーへぜひご来店ください。

各店の店舗情報はこちら

LINEお友だち登録はこちら

最新チラシはこちら

キャンペーン・イベント情報はこちら

この記事がいいと思ったらシェア!

人気記事ランキング