お役立ちコラム

catch-img

寒さに負けず楽しみたい。キャンプの防寒対策

あたり一面が白銀の世界となる冬キャンプは、いつもと違った幻想的な雰囲気が楽しめます。

「冬もキャンプを楽しみたいけど、寒さが不安……」という方も多いのではないでしょうか。

万全な防寒対策をすることで、寒さを和らげて快適に過ごせます。

今回は、キャンプの防寒対策のポイントをご紹介します。

ぶ厚めのマット

テント内の冷えの大きな原因となるのは、地面からの冷気です。

特に地面が雪だと底冷えしやすく、どれだけ厚着していても横になるとじわじわと身体が冷えます。

地面からの冷気を防ぐには、ぶ厚めのマットを用意しましょう。

テント下のグラウンドシートだけでなく、テント内に敷くインナーマット、さらにその上にブランケットやラグを敷いて、徹底的に底冷えを防ぎましょう。

保温力の高いマミー型のシュラフ

シュラフには、大きく分けて「マミー型」「封筒型」の2種類があります。

冬キャンプで快適に眠るなら、身体に密着する形状で保温力が高いマミー型がおすすめです。

インナーシュラフ湯たんぽ電気毛布などを併用することでさらに暖かく眠れます。

ストーブと一酸化炭素中毒警報機

外での活動が制限される冬キャンプは、必然的にテント内で過ごす時間が長くなります。

テント内で快適に過ごすために欠かせないのが、ストーブです。


キャンプで使えるテントには、定番の薪ストーブだけでなく、

  • 反射式のポータブルストーブ
  • だるまストーブ
  • カセットガス缶タイプのストーブ

などさまざまなものがあります。

テントは必ずストーブ対応のものを使用し、温かさや価格に応じたストーブを選びましょう。

密閉されたテント内では、一酸化炭素中毒のリスクが高まります。

必ず一酸化炭素中毒警報機をセットし、睡眠時にはストーブを消しましょう。

露出をできる限り減らした服装

寒さから身を守るには、外気に晒される部分をできる限り減らすと効果的です。

特に守りたいのが、

  • 手首
  • 足首

の3箇所。

隙間があると冷気が入り込んで一気に体温が奪われてしまうので、

  • 手袋
  • 毛糸の厚手ソックス
  • レッグウォーマー
  • ネックウォーマー

などを着用しましょう。

肌に直接触れるインナーは、裏起毛で肌ざわりが良いものがおすすめ。

保温性が高く、外で活動するときも快適に過ごせます。

寒さに負けずキャンプを楽しもう


今回は、キャンプの防寒対策のポイントをご紹介しました。

寒ささえ攻略してしまえば、虫が少なく美しい景色を楽しめる冬キャンプは最高です。

マットやシュラフ、ストーブでテント内の快適性を高めて、寒さに負けず冬キャンプを楽しみましょう。

アウトドアグッズを揃えるなら、ジョイフルエーケーにぜひご来店ください。

各店の店舗情報はこちら

LINEお友だち登録はこちら

最新チラシはこちら

キャンペーン・イベント情報はこちら

この記事がいいと思ったらシェア!

人気記事ランキング