お役立ちコラム

catch-img

アウトドアをもっと楽しむ!手軽にできる「燻製」のコツ

ふわっとスモーキーな香りが広がり、普段と異なる風味や食感を楽しめる燻製。

難しそうなイメージがありますが、実は特別な道具がなくても簡単にできる方法もあるんです。

キャンプやBBQで燻製ができたら、いつもの食材でももっと楽しみ方が広がります。

今回は、手軽にできる燻製のコツをご紹介します。

塩漬け


まずは、食材を塩漬けにします。

塩漬けには食材に下味をつけるだけでなく、殺菌と保存性を高める効果もあります。


塩漬けは、

  • 直接塩をすり込む「ふり塩法
  • ソミュール液に一定時間漬け込む「たて塩法

の2種類があります。

ソミュール液とは塩をベースにスパイスとハーブを煮立てた液のこと。

たて塩法は食材が空気に触れないため、脂肪分の酸化を防ぎ、塩を均等にしみ込ませられます。

キャンプやBBQで気軽に楽しむなら、食材に塩やこしょうをかけてすり込むだけでも十分です。

乾燥

食材を入れたボウルに少しずつ水を加えて塩抜きし、余分な塩分と成分を落とします。

その後、風通しの良い日陰などに干して食材を乾燥させます。

中までしっかり乾かさなくても表面が乾けばOKです。

表面に水分が残ったままだと、煙と水分が反応して酸味や苦みが出てしまいます。

スモーク

食材の下準備が済んだら、いよいよスモークです。

スモークには、

  • 高温で燻す「熱燻
  • 約60度で1~2時間かける「温燻
  • 約20度でじっくり燻す「冷燻

の3種類の方法があります。


アウトドアでは、短時間で仕上がる熱燻がおすすめです。

用意するものは

  • 蓋付きのフライパン
  • 金網
  • アルミホイル
  • 燻製チップ

だけ。

まずフライパンの底に、焦げ付きを防ぐためアルミホイルを敷きます。

その上にチップを一握りくらい置き、チップの上に金網を置きます。

金網に食材を置いたら、蓋をして加熱します。

チップから煙が出るまでは強火、煙が出てきたら中~弱火に調整しましょう。

約10分間燻すと完成です。


おいしくて楽しい燻製をアウトドアで満喫!



今回は、手軽にできる燻製のコツをご紹介しました。

燻製チップさえあれば、あとは家庭にあるものだけで気軽に挑戦できます。

道具があるとより燻製できる食材の幅も広がるので、燻製の魅力にハマったらぜひ揃えてみましょう。

燻製を楽しむアイテムを揃えるなら、アウトドアグッズも豊富に揃うジョイフルエーケーにぜひご来店ください。

各店の店舗情報はこちら

LINEお友だち登録はこちら

最新チラシはこちら

キャンペーン・イベント情報はこちら

この記事がいいと思ったらシェア!

人気記事ランキング