お役立ちコラム

catch-img

お庭の雑草をあっという間に処理!除草剤の種類と選び方


目次[非表示]

  1. 1.しつこい雑草を一気に処理する強い味方
  2. 2.除草剤の種類と選び方
    1. 2.1.茎葉処理型
    2. 2.2.土壌処理型
  3. 3.除草剤でお庭の手入れを効率化!

しつこい雑草を一気に処理する強い味方

抜いても抜いてもあっという間に生えてくる雑草。せっかく庭にきれいな花や植物を植えても、雑草があると雰囲気が崩れてしまいますよね。そんな雑草を処理する強い味方が、除草剤です。今回は、除草剤の選び方についてご紹介します。

除草剤の種類と選び方

除草剤には主に以下の2種類があります。

  • 茎葉処理型
  • 土壌処理型

それぞれの特徴を見ていきましょう。

茎葉処理型

茎葉処理剤とは、雑草の成長期に使用する除草剤です。散布すると葉の表面や茎から薬剤が吸収されて、雑草を枯らします。薬剤がかかった植物のみ枯らすので、果樹の下草除草にも使用できます。地面の下に張った根や種、木質化した幹からは吸収されないので、薬剤を散布しても1~2ヶ月経つと新たな芽が出てしまいます。「今生えている雑草を枯らしたい」という方におすすめです。

土壌処理型

土壌処理剤とは、雑草が発生する前に地面に散布する除草剤です。散布すると薬剤が土壌に移行して、雑草の根から吸収し、種子が発芽しても育たないようにする効果があります。水田の除草剤としてもよく使われます。草丈が大きくなると効きにくくなるので、早めに散布する必要があります。大切に育てた野菜や花、庭木などにも薬害をもたらしてしまうので、散布する場所には注意が必要です。長期間にわたり効果を発揮するので、「除草の手間をなるべく減らしたい」「除草してから草花や作物を植えたい」という方にもおすすめです。

除草剤でお庭の手入れを効率化!

今回は、除草剤の選び方についてご紹介しました。除草剤を使えば、お庭のお手入れが一気に楽になります。周りの植物を守りながら雑草だけを除くのか、植物が育たないようにするのか、用途に合わせて適した除草剤を選びましょう。ジョイフルエーケーではガーデニング用品を豊富に取り揃えているので、ぜひご来店お待ちしております。


ガーデンセンター

季節のお花や、苗、観葉植物、さらに園芸用品から資材など、ガーデニングに関する様々な商品を豊富に取り揃えております。

最新情報

ジョイフルエーケーの最新チラシ情報やキャンペーン&イベント情報はこちら!

LINEでお得な情報配信中

個人情報等の入力は不要!友だち追加ボタンを押すだけで簡単に登録できます。
よく行く店舗のボタンを押して登録して下さい。
※ご利用はスマートフォンのみとなります。あらかじめLINEアプリをインストールして下さい。

 

 

こちらの公式アカウントでも情報配信中