お役立ちコラム

catch-img

雪害を防ごう。改めて見直す「北海道の冬の防災」

データでもやはり目立つ、「雪による被害」

北海道は、ほぼ全域が豪雪地帯、大部分が特別豪雪地帯に指定されています。北海道がまとめている「平成30年 災害年報」によると、同年1/1~3/31の間に生じた雪害での負傷者は208人、死者は14人。毎年訪れる災害として猛威を振るっています。今回は、改めて雪による被害を防ぐ方法をおさらいしてみましょう。

雪害を防ぐ考え方とは



雪害と一言にいっても、除雪中の事故や車での事故、雪のレジャーなど、発生する状況はさまざまです。それぞれの状況に対して、リスクの所在、雪害を防ぐ考え方、必要なアイテムについてまとめます。

除雪中の事故

雪道での運転は視界が悪くて滑りやすく、普段とは異なる危険がいっぱいです。具体的には以下のようなリスクがあります。

  • 立ち往生による一酸化炭素中毒
  • ホワイトアウトによる事故
  • スリップ事故

吹雪の中で運転する際はライトを点灯し、速度を落として車間距離を十分に取ることが大切です。豪雪地帯では吹雪によって、車で立ち往生してしまうこともあります。マフラーの周囲が雪でふさがれると、行き場を失った排ガスが車の床下にたまり、車内に入り込む恐れがあります。排ガスに含まれる一酸化炭素は無色・無味無臭の気体なので、発生に気づきにくく、最悪の場合、一酸化炭素中毒で命を落とすこともあります。立ち往生したときは、エンジンを切った上で定期的に換気し、マフラーの周辺を定期的に除雪しましょう。

強烈な吹雪で視界が真っ白になる「ホワイトアウト」という現象が起きることもあります。ホワイトアウトに見舞われた際は、すぐに止まれる速度に減速し、場合によってはハザードランプを出して路側帯に停車します。

歩行者の雪道での事故

雪が積もると滑りやすくなるため、歩行中の転倒事故にも注意が必要です。以下のような場所は、滑りやすくなっている可能性が高いです。

  • 横断歩道の白線の上
  • 車の出入りのある歩道
  • バスやタクシーの乗り場
  • 坂道
  • ロードヒーティングの切れ目

こうした場所を避けて歩く他、転びにくい上手な歩き方を身につけておくことも大切です。小さな歩幅で、靴の裏全体を地面に付けて、ペンギンのように歩くことを心がけましょう。

雪のレジャーへの備え

スキーやスノーボードなど雪のレジャーでは、以下のような事故が発生しています。

  • 転落や滑落
  • 人や立木への衝突による怪我
  • コースアウトによる遭難

レジャーでの事故を防ぐには、必ず気象状況をチェックしてから出掛け、レジャー中も天候の変化や自身の体調管理、周囲の状況に十分注意しましょう。万が一のときにすぐ助けを呼べるよう、単独ではなくグループで行動することも大切です。

雪崩による事故

急斜面や植生がまばらな場所では、雪崩が発生しやすくなっています。雪崩はとても速いスピードで崩れ落ちてくるため、気づいてからでは逃げ遅れてしまいます。雪崩が発生しやすい場所を避けることが、一番の防止策になります。雪崩が発生しやすい条件は以下のとおりです。

  • 気温が低くて積雪が多く、短期間に多量の降雪があった
  • 急斜面で吹きだまりがある
  • 気温が0度以下で、吹雪を伴う
  • 過去に雪崩が発生した斜面
  • 春先や降雨後、フェーン現象などによる気温上昇時

リアルタイムハザードマップの活用を

刻々と状況が変化しやすく、紙のハザードマップでは対応し切れない雪害に対するハザードマップとして、リアルタイムハザードマップが期待されています。リアルタイムハザードマップでは、時間とともに変化する降雪状況を確認し、それに応じた災害対策ができます。現在一部の行政機関で試験的に利用されており、今後さらに精度を高めるべく改良が続けられています。

自由に動けるうちに備えをしておこう



北海道での降雪は早い地域では10月から始まり、積雪は11月頃。動きやすい今の時期に、雪害への備えをしておきませんか?ジョイフルエーケーでは、雪害対策グッズを豊富に取り揃えております。「何を用意したら良いか分からない…」という方は、ぜひお気軽に店頭の担当者へご相談ください。事前の準備をしっかり行うことで、少しでも雪害のリスクを減らしましょう。

商品情報

ジョイフルエーケー各店から商品情報をご紹介します!豊富な品揃えからスタッフがおすすめアイテムをPickup!