お役立ちコラム

catch-img

インテリアにもエクステリアにもなるプランター選び方のポイント

草花や野菜などの植物を育てるのに便利なのが、プランターです。

プランターは集合住宅で家庭菜園を作る場合など、ベランダ菜園で必要なイメージがありますが、実は庭で育てる場合でもプランターが適している場合があります。

プランターには、用途に合わせて大きさや深さだけでなく、素材や排水方法などたくさんのチェックポイントがあります。

プランターの大きさの選び方



プランターの大きさを選ぶ際に一番重要視する部分は、もちろん育てるものの大きさです。

大きすぎると根付きが悪かったり、根腐れを起こしたりしますし、小さすぎると根詰まりや水切れの原因になります。

横の面積も大切ですが、重要なのは深さです。

植物によって、浅く広く根をはるもの、逆に狭く深く張るものがあるので、育てる植物の特徴に合わせて選ぶようにしましょう。

プランターの素材

プラスチック製のプランターは軽くて扱いやすく、そしてリーズナブル。野菜を育てるのによく用いられます。

耐久性や見た目にこだわる場合は、陶器や素焼き(テラコッタ)のものがあります。ただし、焼き物は重く、土を入れるとかなりの重みになるので、移動には不向きです。

また、他にも木製、発泡スチロール製のプランターがあり、素材の種類は以外と多いです。

予算や用途、デザインなど目的に合わせて選ぶようにしましょう。

プランターの通気性・排水性の確保

プランター選びでは、水はけも重要なポイントです。

底面や側面など、穴の開け方によって水はけの良し悪しが変わります。

一般的には、側面についているものが水はけも良く、害虫の侵入も防ぎやすいため良いと言われています。

また、プランターに土を入れるときは、底の部分に軽石を入れて通気性を増すようにします。そうすることで排水性も高まり、底部の土が乾きやすくなり、作物の成長に良い影響を与えます。



どのようなプランターを選ぶかによって、育てられる植物は変わってきます。

大は小を兼ねるとは言いますが、プランターの場合大きすぎると重いですし、植物の生育に影響が出る場合があります。

また、プランターはエクステリアやインテリアにもなるため、見た目も重要です。

ジョイフルエーケーでは様々な種類のプランターを取り扱っておりますので、ご希望の色や素材、形、用途に合わせて、自分にぴったりのプランターを見つけられます。

ガーデンセンター

季節のお花や、苗、観葉植物、さらに園芸用品から資材など、ガーデニングに関する様々な商品を豊富に取り揃えております。